作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカからのメッセージ

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

for japan
前の記事で、ドイツの阪さんから被災地へのメッセージとして私の懐かしい作品が届けられると書きましたが、
今度はアメリカの友人の音楽学者でピアニストのマルビン・ローゼンさんがホストを務めるFM番組で、
日本の被災地へ向けた特別番組が放送されたという連絡を受けました。

それは"FOR JAPAN"と題され、現地時間4月6日午前5時から11時までの6時間、
日本の現代音楽作品を、現地およびインターネットラジオで放送し続けるというものでした。
私の作品からは「プレリュード 第三番(ピアノ:高瀬佳子)」
「夏目漱石・人間模様(木下芳宣指揮 長岡混声合唱団コールポップス)」が選ばれたようです。
http://www.classicaldiscoveries.org/playlist20110406c_s.html

世界各地から東日本大震災に向けて「わたしたちにできること」が届けられていることに、
日本に住む者として、改めて感動を覚えます。
私が物心ついてから、日本の根幹が揺らぐほどの国難を経験するのはおそらくはじめてのこと。
今改めて思うのは、我々が今まで「日本」という国に守られていたという当たり前の事実。
散々文句を言いながらも無意識のうちに「日本は大丈夫」と信じてきたとんでもない誤解。
それらのことをもう一度心の中で整理して、前を向いてこれから何をしていくべきなのか、
答えを見つけていかなければなりません。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ytogawa.blog19.fc2.com/tb.php/47-aa6a99d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。