作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームグラウンド

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

piano.jpg
私たちが高槻で音楽活動を始めたのは17,8年前のこと。
当時から自分たちの理想を発信していく場として、
我が家から目と鼻の先にSTUDIO73という
小さなライブハウスがあった。
そこにはヨーロッパ最古の歴史を持つグロトリアン
のピアノが備えられていた。

私たちはそのSTUDIO73で「時への橋」という
小さなコンサートを開始。
それは、STUDIO73の主催公演
「高瀬佳子・素顔の作曲家たち」という
コンサートシリーズに発展して、
今回15回目の「作曲家たちのあこがれ」を迎える。

STUDIO73は、全ての主催公演を
今年いっぱいで終了することとなり、
スタジオ主催としての「素顔の作曲家たち」は、
今回が最後ということになる。

もちろんSTUDIO73は貸しスタジオとして、
またグロトリアンピアノもそのシンボルとして、
これからも存続していくのだが、
私たちもこれを節目として、
地元での活動を新たに考えていく時期に
さしかかっているのかもしれないと思う。

私たちの20年近くの音楽活動を、
ホームグラウンドとして
最も身近にな場所で支えてくれたSTUDIO73と、
主催者の川中洋子さん、
そこに集って下さった多くの方々の暖かい拍手に感謝して、
コンサートを迎えたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「素顔の作曲家たち」~高瀬佳子コンサートシリーズ in STUDIO 73

第15回★作曲家たちのあこがれ[2回公演]

作曲はかなりのエネルギーを必要とするものですが、
その原動力にはきっと、
作曲家たちの汲めども尽きないあこがれの気持ちや、
想い描くユートピアがあったはず。
それらを共に探りながら名曲をお楽しみください。

~Program~
J.S.バッハ イタリア協奏曲
シューマン アベッグ変奏曲 Op,1
ベートーヴェン ソナタ第17番「テンペスト」Op,31-2
ラヴェル 水の戯れ
バルトーク アレグロバルバロ
ショパン スケルツォ 第2番

日時:[第1公演]2009年10月23日(金)6:30p.m.開場 7:00p.m.開演
[第2公演]2009年10月25日(日)2:30p.m.開場 3:00p.m.開演

出演:高瀬佳子<ピアノ>
                     
会場:STUDIO73(大阪府高槻市高槻町6-26)
JR高槻駅より徒歩3分
阪急高槻市駅より徒歩5分

料金:前売券¥3,000、当日券¥3,500


予約・お問い合わせ:STUDIO73 Tel=072-661-7300
            E-mail=studio73@saxonz.com
       URL=http://www.saxonz.com/studio73/

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ytogawa.blog19.fc2.com/tb.php/22-f3b60e67
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。