作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木洩れ日、そして祈り」九州初演

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

リハ

少し前になりますが、出不精の私、珍しく博多に行ってまいりました。
橘直貴指揮コンセール・エクラタンによる「木洩れ日、そして祈り」九州初演。
雄大で懐の深い表現が、まっすぐな一本の線のような幻想的な音楽世界を創り出していました。
皆さま、本当にありがとう!

シューベルトのグレート、ハイドンの告別も意志のはっきりした気持の良い演奏。
九州ならではの新しい楽団として、これからも若々しく意欲的に活動を続けていってほしいと願っております。
終演後の打ち上げも、九州男児、九州女子に囲まれて大変楽しいひと時。
博多ラーメンも明太子も食べたし、思い残すことはございません。

開演前の指揮者、橘直貴氏とのプレトーク。ぶっつけ本番でした。
曲ごとの橘さんによる親しみやすい解説で、和やかな雰囲気に。

プレトーク

打ち上げは二次会までお付合い。シメのラーメンを断腸の思いで辞退してホテルへ。

打ち上げ

博多といえばやっぱりこれ!

ラーメン

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ytogawa.blog19.fc2.com/tb.php/149-763a79a5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。