作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高槻市長さんを表敬訪問しました。

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



今回の受賞が高槻市のホームページの「街フォト」で紹介されました。

作曲家の十河陽一さん 国際的なコンテストで最高賞受賞

高槻市在住の作曲家・十河陽一さんが24日、濱田市長を表敬訪問し、ドイツで毎年開催される国際的コンクール「ワールドメディアフェスティバル」で全作品の中から最優秀オリジナル音楽に与えられる唯一の賞である「マジックウエーブ賞」を受賞したことを報告しました。
濱田市長は「これからも素晴らしい音楽を高槻から発信していってください」と期待を寄せました。

_10571_261501763988192_953272689_n.jpg

受賞詳細

「ワールドメディアフェスティバル」は、2000年から毎年、ドイツハンブルグで開催され、ドキュメンタリー、エンターテイメント、ニュースなどのテレビ番組のほか、アニメーション、広告、広報、ウェブデザイン等も含めた総合メディアコンテスト。今年は、32カ国から604作品のエントリーがあり、日本からはNHK制作のドキュメンタリーやMBS制作の「情熱大陸 二木あい」などの作品が参加している。
 受賞作品の「ある建築の情景~兵庫県 木の殿堂~」は、兵庫県の後援のもと、朝来市和田山町出身の映像作家、藤原次郎さんが制作したもの。世界的建築家安藤忠雄さん設計の「兵庫県 木の殿堂(香美町村岡区)」をテーマにした約20分間の映像で、ナレーションはなく、建物周辺の自然を含めてその風景が作品に仕上げられている。
音楽は、全て十河さんが、今回のために書き下ろしたオリジナル作品で、この音楽が評価され、今回の受賞となった。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ytogawa.blog19.fc2.com/tb.php/137-fc11c43b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。