作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高瀬佳子ピアノリサイタル 

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

11yoshikotakase.jpg

地元高槻での高瀬佳子ピアノリサイタル、今回の私の作品は、「三つの小品」が演奏されます。また公開リハーサル&プレイベント「十人十色のピアニストたち!」でも、やさしいピアノ曲集「こころの情景」から3曲を課題曲に、希望者の方々が舞台のスタインウェイピアノで、それぞれの解釈、表現を聴かせて頂けることになっています。こちらも楽しみ!

ただし作曲家が模範(?)演奏をしなければならないようで、練習する暇もないのでちょっと心配ですが・・・前回前々回に引き続き、高槻市教育委員会の全面的なご協力で実現している小中高校生50人のご招待も、たくさんの方々のご応募を頂き、ありがとうございました。これを機会に何度も聴きに来てくれている子供たちもいて、励みになります。

以下、演奏会詳細。

★高瀬佳子ピアノリサイタル ~時空を越えて伝えたい想い~

日時  2012年9月22日(土・祝)午後2時開演(午後1時30分開場)

会場  高槻現代劇場中ホール

主催・問い合わせ:高瀬佳子を聴く会 
℡072-685-0466(アートデアートビュー内)
共催  公財)高槻市文化振興事業団
後援  高槻市教育委員会
協力  高槻まちづくり株式会社 ムジカ工房 STUDIO73 
アートデアートビュー カワイ楽器高槻ショップ

入場料      一般  前売り3000円 当日3500円
(全席自由)   友の会 前売り2700円 当日3150円

★ 小・中・高校生50名ご招待
       
●公開リハーサル&プレイべント「十人十色のピアニストたち!」
2012年9月13日(木)午後6時30分開演 
前売りチケットをお持ちの方は、高槻現代劇場中ホールで行われる公開リハーサル&プレイべントに無料で入場できます。(入場時にチケットの提示が必要です)詳細は下記にて

チケット取り扱い
●高槻現代劇場 072-671-9999 (受付は午前10時~午後5時)
 高槻現代劇場HPからインターネットでもお求めいただけます
●アートデアートビュー 072-685-0466(火曜日定休日)
●ムジカ工房 072-689-0727
●STUDIO73 072-661-7300
●ぷちばんさん 072-685-7068
●カワイ楽器高槻ショップ 072-681-2731


★プログラム
・シューマン 色とりどりの小品より

・モーツァルト 「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲(きらきら星変奏曲)

・ショパン  舟歌 Op.60
      ポロネーズ Op.53(英雄ポロネーズ)

・ベートーヴェン ソナタ第31番Op.110

・十河陽一   3つの小品

・スメタナ   夢~6つの性格的小品~より「ボヘミア農民の祭り」



●公開リハーサル&プレイべント「十人十色のピアニストたち!」
2012年9月13日  (木)午後6時30分開演(午後6時より入場受付)
リサイタル直前のピアニストの準備・練習の場を見学できます。欧米では演奏会のリハーサルがしばしば無料で公開され、一般の人が音楽を創造する場を身近に感じることができる機会が提供されています。ぜひ公開リハーサルにも足を運び、緊張感あふれる瞬間を体験してください!曲にまつわるお話なども聞くことができます。

また今回はプレイベントとして「十人十色のピアニストたち!」も開催いたします。多くの作曲家たちは音楽を楽譜として残してきました。楽譜はそれを読み取り演奏することによって、音楽を再現できるという便利なものです。しかし、同じ楽譜でも、それぞれの人間によって演奏されるものですから、全く同じ音楽にはなりません。これは現代劇場中ホールの舞台で、何人かの方に、同じ曲をスタインウエイのピアノで弾いていただき、演奏によって同じ曲がそれぞれこんなに違うということを皆さんに聴いて楽しんでいただくというイベントです。是非ご参加ください!

★あなたも演奏してみませんか?
演奏参加者を募集しています。希望者は下記欄に印をつけてFAXしてくださるか、メール(takasekikukai@gmail.com)やお電話(072-685-0466)にてお知らせください。
演奏曲は、楽譜を高槻現代劇場やカワイ楽器高槻ショップ(JR高槻駅前松坂屋・南側)で無料で受け取ることができます。また上記のメールやお電話にご連絡くだされば、メールでの送付や郵送もさせていただきます。年齢不問、初心者から上級者までレベルも問いません。少しでもピアノを演奏できる方、譜読みが簡単な曲ですのでどうかお気軽にご参加ください。尚、希望者が多い場合は先着順とさせていただきます。

★小・中・高校生を50名ご招待
初めてクラシック音楽を聴いたのはいつでしたか。心に残るクラシック音楽はありましたか。
クラシックは作曲家が楽譜に書いて残した音楽です。そこには、作曲家の生きた場所、時代などが影を落とし、作曲家自身のさまざまな想いや生き方がこめられています。そして、今でもこうして愛されているのは、きっと今の私たちにも共感できる大切な何かが含まれているからで、それは時に勇気を与えてくれる励ましであったり、優しい慰めだったりします。
今回は、クラシックにあまり馴染みのない若い人たちに、聴きに来ていただこうと、小・中・高校生を、50名をご招待いたします。どうか、ふるってお申し込みください。

チラシ裏のFAX用紙にて、またこちらyotakase@piano.zaq.jpでもチケットのお申込みや小・中・高校生ご招待の希望、プレイベントの演奏参加希望を受け付けております。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://ytogawa.blog19.fc2.com/tb.php/103-2504150c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。