作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「曼珠沙華幻想」

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

wataniyasuo

普段定期健康診断をサボっている私ですが、
1~2か月毎に自分の名前で検索かけるネットの定期健診はちゃんとやってます(^^;ゞ

作曲家は自分の知らない所で作品が演奏されている場合があって、
というより自分の知らない所で演奏されることは名誉なことなので、
演奏会予定なんかを見つけた時はラッキーな気持になるわけです。

今回も、演奏会前で、しかもきれいなチラシを発見しました(^_^)v
今やクロマチック・クラシックハーモニカ界で押しも押されもせぬ第一人者
として活躍する和谷泰扶さんのトリオの演奏会。共演者も豪華です。

私の作品は「曼珠沙華幻想」。
私としては珍しく編曲としてJASRACに登録されているものです。
ただしこの曲、私の中ではまぎれもない創作。
しかも自分の室内楽作品の中でベスト5に入ると自負しているものなのです。

山田耕筰さんの名高い歌曲のパラフレーズで、
コーダに元歌が少しだけ出てくるという作りになっているところが
「編曲」にあたるとの主催者さんの御意見を尊重させて頂いたのですが、
まあ、山田耕筰の名前のお陰で、多くの方に聴いていただけるわけですから、
感謝しないといけませんね(^σ^)♪

初演のピアノを、あの野平一郎さんが弾いて下さって、
大変緊張して作曲した憶えがあります。
最近は若手のホープ荒尾岳児さんがピアノを担当されることが多いようで、
一度この三人の演奏を聴いてみたいと思いながらも果たせず。
今回ももちろん無理でしょうね。

和谷さん!ご成功をお祈りいたします。

スポンサーサイト

真子masakoさん8~9月コンサート予定(8月8日追記)

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

真子masakoコンサート

歌手の真子masako(佐藤真子)さんより、8月のコンサート予定の連絡を頂きました。
私が音楽を担当した映画「無言館」主題歌・挿入歌三部作と、
先日CDリリースされた「それは約束」三部作などが歌われます。
首都圏が中心ですが、詳細に関しては念のため必ずお問い合わせの上おでかけください。

ドキュメンタリー映画「無言館」&佐藤真子コンサート

8月 5日(日)午後1時30分~午後4時
大和市保健福祉センターホール
神奈川県大和市鶴間1-31-7
問合せ 文化スポーツ部 国際・男女共同参画課
046-260-5164

8月12日(日)午後2時開演
熊本県人吉市あさぎり町せきれい館
一般シニア1000円(当日1300円) 小中高生500円
問合せ、人吉映画センター TEL080-3205-7297

真子masako(佐藤真子)コンサート

8月9日(木)
駒込地域活動センター・地下ホール
東京都文京区本駒込3-22-4  3824‐5801

8月11日(土)台東区民会館
東京都台東区花川戸2丁目6番5号 03-3843-5391から3

8月21日(火) 午後6時45分~
東京都国分寺市立いずみホール
出演 真子masako 国立音楽大学GiovaniMusici他 

9月1日(土)厚木市文化会館大ホール
神奈川県厚木市恩名1-9-20 TEL046-225-2588 

9月4日(火)豊島公会堂(みらい座いけぶくろ)

9月24日(月)介護保健施設シーダ・ウォーク

9月29日(土)日比谷公会堂

(9月分詳細は後日追記予定)

女性合唱組曲「無言館」その後

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

03tutujiDVD.jpg
長くこういう仕事をしていると、忘れられない演奏というものに何度か出会う。
これはそんな演奏会のDVD。

私が担当した映画無言館の挿入歌を聴いて、どうしても合唱曲に編曲してほしいとメールで依頼されたのが一年前。それからずっと間に立って下さっていたYさんという女性は、実は癌の再発という命の危機を抱えながらご苦労されていたとのこと。私自身は演奏会の直前までそのことを知らず、遠方(東京)での初演ということもあり、結局演奏会にもいかなかった。

Yさんは病状の悪化で、あれほど望んでいたステージには立てず、それでも病身を押して客席から初演の実現を心から喜んで下さって、そのわずか3日後に息を引き取られたとのことだった。こんなことなら何としてでも演奏会に駆けつけ、Yさんとお会いしてお礼を申し上げるべきだったという後悔の念がずっと心に残っていたのだが、一カ月以上たってその演奏会のライブDVDが届いたのである。

それはまさに「熱演」。私は少なくともほめ言葉として「熱演」という表現はしないのだが、今回ばかりはそれ以外に的確な言葉が見当たらない。Yさんに贈る渾身の演奏、おそらく団員の方々もそういう決意でステージに立たれていたのだろう。

「太陽と森と水そして大切な命」~真子masakoコンサート

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



CDそれは「約束」完成!
そして真子masakoさんによる、新作CDのお披露目を兼ねたコンサート、
第10回平和への想いFinal「太陽と森と水そして大切な命」が
7月21日(日)午後3時半・6時半開演の2回公演で、
原宿のアコスタディオ・コンサートホールにて開催されます。

ピアノは何とベーゼンドルファー。
真子masakoさんの歌のみならず、弾き唄いピアノ演奏も堪能できます。
そして、入場者には新作CDそれは「約束」プレゼント、
さらに中村梧郎氏撮影の写真展「真子masako」も同時開催という、大変贅沢な企画です。

死んだ男の残したものは、リリーマルレーン、鳥の歌など名曲揃い、その中で
私の作品は、新作の「それは『約束』」、「あしたは きっと」、「夢の中で」、
そして映画無言館の主題歌「乾かぬ絵具」が披露される予定です。

こじんまりとしたホールなので、ご予約はお早めに!

それは「約束」視聴はこちらです。
http://ytogawa.blog19.fc2.com/blog-entry-87.html

以下、コンサート詳細です。

---------------------------------

真子masakoピアノ弾き唄い
第10回平和への想いFinal
「太陽と森と水そして大切な命」
2012年7月21日(日)
1回目 午後3時半開演  2回目 午後6時半開演(2回公演)

アコスタディオ・コンサートホールBF(tel 03-3408-4541)
(JR山手線 原宿駅武田口徒歩2分)
3500円 ◎新作CDそれは「約束」プレゼント
主催:心を歌う真子の会
TEL&FAX:042-593-1452

同時開催 写真展「真子masako」撮影:中村梧郎
1Fぎゃらりー和(すず)午後2時~8時半

曲目
それは「約束」
あしたは きっと
夢の中で
乾かぬ絵具
君死にたまふことなかれ
ダンチョネ節
八月五日の夜だった
一本の鉛筆
死んだ男の残したものは
兵隊が戦争に行く時
リリーマルレーン
鳥の歌

女声合唱組曲「無言館」

Posted by 十河陽一 on   2 comments   0 trackback

gaia.jpg
女声合唱組曲「無言館」初演情報です!
2012年6月2日2時より、北とぴあつつじホール(東京メトロ南北線王子駅、五番出口直結・京浜東北線北口より徒歩2分 1500円)でのアンサンブルがいあ、女声コーラスかりんのジョイントコンサートにて。
「夏目漱石・人間模様」から20年、ミュージカルや様々なイベントで合唱曲は書いてきましたが、本格的な合唱組曲はそれ以来となります。私が二年前に音楽監督として関わった戦没画学生を追った映画「無言館」の主題歌・挿入歌を是非合唱で歌いたいとの熱心な依頼で実現したこの組曲、実は編曲の遅れから全三曲中の二曲目「絵具をください」は練習が間に合わず、ボイストレーナーの錦織まりあさんがソロで歌われるとのこと。作詞は全曲無言館館主の窪島誠一郎氏の書き下ろしです。現在私の地元関西その他の地域でで上演して頂ける団体を募集中です!よろしくおねがいします。

~乾かぬ絵具~詞:窪島誠一郎氏
六十年も経つというのに/あなたの絵具は/ちっとも乾いていない/あなたの描いた絵の朱(あか)は/まるで 昨日の夕日をみるように/鮮やかで 美しい朱だ/あなたの描いた一本の線は/まるで あの日のあなたの決意をみるように/真っすぐで ためらいのない線だ/六十年経った今も/ちっとも乾いていない あなたの絵具は/あなたが今も そこに生きていることを/私たちに教えてくれる/鮮やかな 生命(いのち)の色だ/乾かぬ絵具よ/今も 少しも色褪せぬ/あなたの一滴の生命よ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。