作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木洩れ日、そして祈り」九州初演

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

リハ

少し前になりますが、出不精の私、珍しく博多に行ってまいりました。
橘直貴指揮コンセール・エクラタンによる「木洩れ日、そして祈り」九州初演。
雄大で懐の深い表現が、まっすぐな一本の線のような幻想的な音楽世界を創り出していました。
皆さま、本当にありがとう!

シューベルトのグレート、ハイドンの告別も意志のはっきりした気持の良い演奏。
九州ならではの新しい楽団として、これからも若々しく意欲的に活動を続けていってほしいと願っております。
終演後の打ち上げも、九州男児、九州女子に囲まれて大変楽しいひと時。
博多ラーメンも明太子も食べたし、思い残すことはございません。

開演前の指揮者、橘直貴氏とのプレトーク。ぶっつけ本番でした。
曲ごとの橘さんによる親しみやすい解説で、和やかな雰囲気に。

プレトーク

打ち上げは二次会までお付合い。シメのラーメンを断腸の思いで辞退してホテルへ。

打ち上げ

博多といえばやっぱりこれ!

ラーメン

スポンサーサイト

オーケストラの譜面

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

木洩れ日、そして祈り

10年あまり前に作曲したオーケストラ作品が福岡で演奏されることになり、改訂版のスコア、パート譜を作成。小編成とはいえ、20種類40部以上の楽譜のコピーと製本はかなりの重労働。なんやかんやで丸2日かかってしまいました。

通常オーケストラのパート譜は一定期間のレンタルで、演奏会が終われば返却してもらいます。実はその時のパート譜に書かれた演奏者の書き込みが、楽譜の手直しの大変貴重な情報となっていきます。つまり演奏される毎に曲も少しづつ進歩していくというわけなのです。

楽譜を書くことも大変な作業で、この曲などは経費節減のためスコアからパート譜まで全て私の手書き。さすがに死ぬかと思いました。それに懲りて次からはパソコンで楽譜を作成するようになり、結局これが私の最後の手書き作品となったのです。

さりとて、演奏会用のオーケストラ曲は演奏される機会が少ないということも事実。手間がかかる割には見返りが期待薄の過酷な仕事。しかしクラシック系作曲家にとってオーケストラ作品は何と言っても大看板。私もそれぞれに特別の思い入れがあります。

絶対九州行きたい。博多ラーメンも食べたい。

これからの演奏会

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

8月9月の演奏会

暑い日が続きますが、皆さま夏バテなどされてませんか?
8月末から9月にかけて、私の作品が演奏されるコンサートをまとめてみました。
舞鶴、京都、北九州、芦屋と、色んな場所で色んな作品が演奏されます。
猛暑に負けず、体調を整えてがんばってください。
お近くの方は是非!


◆箏アンサンブル斗為巾 23rdコンサート

舞鶴を拠点に大活躍の立道明美さん率いる箏アンサンブル斗為巾。
「花がたみ」~17弦三面のための~が演奏されます。

日時:2013年8月31日(土)開場/18:00 開演/18:30
会場:舞鶴市民会館 大ホール
出演:箏アンサンブル斗為巾【ゲスト】田中 良太(パーカッショニスト)
入場料:全席自由1,000円(当日1,300円)
問:090-3997-8477

◆第9回日中名曲コンサート~中国琵琶と歌曲の夕べ~

日本と中国の懸け橋となるべく活躍中の葉衛陽さん、さくらさんコンサート
芽吹きの風~2つの中国琵琶とピアノのための~舞台初演
高瀬佳子さんもゲスト出演します。

日時:2013年9月15日(日)開場/13:30 開演/14:00
会場:京都コンサートホール・アンサンブルホールムラタ
出演:葉衛陽 さくら 宋茜 周江平 高瀬佳子 大田朋子 吉川佳能
入場料:全席自由3,000円(当日3,500円)
問:090-8196-6861


◆第3回東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

九州を拠点に活動されているイケメンフルーティスト松本優哉さんにより、
深緋~2つのフルートのための~が演奏されます。
松本さんのイケメン写真は
http://ameblo.jp/bijou894-silver/

日時:2013年9月15日(日)開場/12:30 開演/13:00
会場:北九州市ウェルとばた・中ホール
入場料:一般 1000円 高校生以下 500円
問:093 - 871 - 7200 ( ウェルとばた )

◆Pカンパニーダンス公演

美術家松谷武判のアートドキュメンタリー映画「MATSUTANIⅠ」に感動し 
その作品に呼応し創りあげる小谷ちず子の世界。
私がMATSUTANIのために書き下ろした映像音楽とダンスのコラボは楽しみです。

上演時間:9月20日(金)17:30~20、21日(土)13:00~20、22日(日)12:30~15
会場:芦屋ルナホール
出演:Pカンパニー(ダンス)小谷ちず子(ダンス)
ゲスト:
北村千絵(声)祝丸Norimaru 菜美Nami( 黒拍子・太鼓)鈴木絢(ヴァイオリン)
すみまさゆき(ダンス)越久豊子(ダンス)辻井芳暁(ナレーション)
入場料:1日券3000 円 3日間通し券5000 円 ( いづれも当日券あり)
問:09056470751 08053160971

2013年 十河陽一作品コンサート予定

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

★ドキュメンタリー映画「世界一すてきな僕たち 私たちへ」★
監督:宮崎信恵 ナレーター:室井滋 
撮影:上村四四六 編集:大高勲 音楽:十河陽一

~完成披露上映会~


6月4日(火) 開場 18:40/開映 19:00
文京シビックホール・小ホール
住所:〒112-0003 東京都文京区春日1-16-21
電話:03-5803-1103

一般の方へ前売り鑑賞券発売しています。
◯ 一般・大学生:1000円◯ 小中高生:500円◯ 障がいのある方:500円

お問い合わせ ピース・クリエイト
FAX 03-3699-4407 電話 03-3699-4883
http://www.peace-create.bz-office.net/sekaiichi.index.html

★【第二回】みやこ風韻ア・ラ・カルトコンサート★
Miyako Fu - in Concert a la carte 2nd.


日時:平成25年5月29日(水)《午後6時開場 午後6時半開演》

料金:前売り2,500円 当日3,000円

会場:京都堀川音楽高等学校ホール
   京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1

1.四重奏 黄昏の断章(委嘱曲・片山旭星作曲)
2.筝協奏曲(長沢勝俊作曲)
3.尺八四重奏 本末(ジョン・海山・ネプチューン作曲)
4.RAINBOWS(Arice Gomex作曲)
5.打楽器アンサンブル 雨のむこうがわで(池辺晋一郎作曲)
6.筝・尺八二重奏 火の島(唯是震一作曲)
7.合奏曲 華・くれない(十河陽一作曲)~指揮:十河陽一~

ナンカキイロイ チョットミドリ 
クラウディア・ビルクホルツ リサイタルツアー

 
Something yellow-and a little bit green toy piano playground
---Claudia Birkholz Recital tour 

2013年5月29日(水)京都市立芸術大学

2013年5月30日(木)山口大学

三つの小品第二楽章
ピアノ:クラウディア・ビルクホルツ Claudia Birkholz

★篠笛・尺八・琵琶・箏の音のふれあい③♪★

   日時:平成25年5月26日(日)14時開演

   曲目:『ポップス、民謡』(篠笛、尺八、箏)
      『那須与一』(平家物語より。琵琶の弾き語り)
      『正調 五木の子守唄』(熊本県民謡。篠笛独奏)
      『朱華(はねず)』(十河陽一作曲。尺八・琵琶二重奏)
      『萌春』(長沢勝俊作曲。尺八・箏二重奏)・・・ その他

料金:800円(ケーキセット代のみいただきます)
TEL.089-905-1230
『Cafe Poco a poco』(カフェ ぽこ あ ぽこ)
愛媛県松山市北井門三丁目8-12 (〒791-1105)

★高槻ジャズストリート「高瀬佳子ライブ」★

十河陽一「彼方へ」「虹環」

5月3日午後1時
高槻現代劇場文化ホール三階レセプションルーム

★Ricardo Descalzo Bis-a-Bis★

十河陽一「風の端」スペイン初演

4月19日午後8時開演(現地時間)

19 de Abril de 2013
5 euros
Horario: 20:00h
ADDA (Auditorio de la Diputación de Alicante)
Paseo de Campoamor, s/n 03010 - Alicante
Teléfono: 965 919 100
Web oficial

Yoichi Togawa Kaze no ha
Randall Meyers Labyrinth
Ton de Leeuw Drie Afrikaanse Etudes
Carl Vine Five Bagatelles
Ge Gan-Ru Gong
Kazimierz Serocki Suite of Preludes
Robert Sherlaw Johnson AF
Arno Babadjanian Improvisation, Folk y Toccatina
Thomas Adès Darknesse visible

★素顔の作曲家たち~高瀬佳子コンサートシリーズVol.19
「作曲家の友情、そして孤独」[2回公演]


♪とき 
*第1公演 2013年3月29日(金)午後7時開演
*第2公演 2013年3月31日(日)午後3時開演

♪ところ 
STUDIO73(JR高槻駅、阪急高槻市駅徒歩5分、
高槻市高槻町6-26、tel072-661-7300)

♪ピアノ演奏とおはなし 高瀬佳子 

♪入場料  前売券 3000円  当日券 3500円

♪チケット予約・お問い合わせ
アートデアート・ビュー TEL072-685-0466 
E-mail view@artdeart.jp

♪プログラム
・シューベルト:楽興の時第3番、即興曲 Op.142-2
・シベリウス:樹の組曲 Op.75より
・バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ   
・ショパン:ワルツOp.64‐2、前奏曲Op.45、バラードOp.47
・十河陽一:風の舞組曲
・メトネル:忘れられた調べより「祝祭の舞曲」Op.38‐3

★Reiko Fujisawa and Friends on 16 March 2013★

十河陽一「彼方へ」ロンドン初演

3月16日午後7時30分(現地時間)
Saturday 16 March 2013 at 7.30pm, St Michael’s Church, Highgate

Brahms Violin sonata in A major op.100
Yoichi Togawa “Afar” for solo piano (1993) – UK premiere
Tchaikovsky Piano Trio in A minor op.50

★短編映画”MATSUTANI1,2”ニューヨーク上映会★

”MATSUTANI1,2”
Staff
Direction / Cinematography / Editing: Jiro FUJIWARA
Production supervision & Direction: Emiko OKUMURA
Music: Yoichi TOGAWA
English subtitles: Gaipro Inc.

2月12日午後6時15分(現地時間)

Date: 18:15, 12th February, 2013
Place: Galerie Richard
    514 West 24th Street, New York, NY 10011
    T: 212-510-8181
    http://www.galerierichard.com/en_artist.php?code=Matsutani

★サロンコンサート&パーティー★

音楽物語「おばあのものがたり」
(文・司 修 音楽・十河陽一 朗読・近藤和見 ピアノ・高瀬佳子)

日時:2月9日(土)午後5時30分 開始

場所:MABUL マブール
(JR高槻駅南隣・高槻市紺屋町3-1-B101 
グリーンプラザ3号館地下飲食街の南奥 TEL072-682-8337)  
参加費:4000円 主催:高瀬佳子を聴く会

★WPRB(アメリカのFM放送)からの放送★

十河陽一「華・くれない」邦楽アンサンブルのための(2011)
指揮:十河陽一  邦楽アンサンブルみやこ風韻

1月9日 午前9時~(現地時間)

3月2日、二つのコンサート

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



ここ三カ月休まず仕事をしてきた疲れがついに出てきたのか、ここ3日ほど全く作曲していません。
食事をするように、呼吸をするように作曲したいという新年の誓いもどこへやら。
ついに昨日座右の銘としているチャイコフスキーの言葉を仕事に使わない方の
(遊びで使ってしまう方の)パソコンの上に貼り付けました。

インスピレーションを待っていたら何も書けない。
私は必ず毎朝作曲をする。
そうすると神様がインスピレーションを送りこんで下さる。


う~ん、あしたは きっと・・・


ということで3月2日、二つのコンサート情報です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●素顔の作曲家たち~高瀬佳子コンサートシリーズVol.18
願わくば心から心へ~ベートーヴェン 「作曲家、その真実の言葉」[2回公演]

♪とき 
*第1公演 2012年3月2日(金)午後7時開演(午後6時30分開場)
*第2公演 2012年3月4日(日)午後3時開演(午後2時30分開場)

♪ところ 
STUDIO73
(JR高槻駅より徒歩3分、阪急高槻市駅より徒歩5分、高槻市高槻町6-26、tel072-661-7300)

♪ピアノ演奏とおはなし 高瀬佳子 

♪入場料       前売券 3000円  当日券 3500円

♪チケット予約・お問い合わせ   
アートデアート・ビュー TEL072-685-0466 E-mail view@artdeart.jp
STUDIO73 TEL072-661-7300

♪プログラム
モーツァルト:幻想曲 ニ短調 KV397
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ショパン:華麗なる大円舞曲 Op.18  舟歌 Op.60
チャイコフスキー:ナータ・ワルツ  サロン風ポルカ
ベートーヴェン:ソナタOp.110
十河陽一:彼方へ

ピアニストからのメッセージ
音楽で表現するのが作曲家ですが、大作曲家の言葉には心に深く響く含蓄あるものがあります。それらの言葉を手掛かりに名曲を聴いていただくと、また違った世界が広がることでしょう。お陰様で18回目となるこのコンサートシリーズ。ベートーヴェンのOp.110はこの3月にとても弾きたい曲。晩年のベートーヴェンが死と対峙しながら、魂の震えと嘆きの歌と祈りと希望を織り込んだ傑作です。是非聴きに来てください。

私が約20年前に作曲した「彼方へ」意外にもコンシリ初登場だそうです。当日券もあります。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
●サンフォルテ感謝のつどい「佐藤真子 ピアノ弾き語りコンサート」

♪とき
2012年3月2日(金) 14:00~15:40(13:30開場)

♪ところ
富山県民共生センター「サンフォルテ」2階 ホール

♪入場料
1,000円(申込受付終了)

〈おもな曲目〉
元始女性は太陽であった
君死にたまふことなかれ

どこかで春が
春のうた
愛の讃歌
百万本のバラ       など


佐藤真子さんのために書き下ろしたばかりの新作「あしたは きっと」「約束」(詞:仲築間卓蔵)が、
早くも「乾かぬ絵具」と共に披露される予定だそうです。遠い関西からエールを送ります。

関連記事

「こもりうた」改め「あしたは きっと」その後

「こもりうた」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。