作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドメディアフェスティバル、ベストオリジナル音楽賞受賞しました!

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

ワールドメディアフェスティバルベストオリジナル音楽賞
ハンブルグ滞在中の映画プロデューサー奥村恵美子さんより、ドイツのワールドメディアフェスティヴァルにて、私が音楽を担当させて頂いた藤原次郎監督作品「木の殿堂」が、ベストオリジナル音楽賞(The Special "MAGIC WAVES" Award for Best Original Music)を受賞したというお知らせがありました。このような賞があることすら知らなかったので、フェスティバルのオフィシャルページを確認。いやあ、本当にありました。
藤原さんの美しい映像にはナレーションが一切入りません。ですから音楽担当の私はやりたい放題させて頂いていて、私としても、いつも大変やりがいを感じていたわけですが・・・それにしても、各国から数百(?)集まってくるこの世界規模のフェスティバルでベスト音楽というのは嬉しい限りです。もちろん映像の世界では、音楽が独立しているものではなく、常に映像とのバランスが不可欠なものでありますから、監督一人、音楽スタッフ一人の家内制手工業で作り上げたこの作品が「ベストパートナー賞」を頂いたと思っております。藤原さんの金賞、銀賞、そしてこの特別賞。藤原さんがお帰りになったら打ち上げやね。
http://www.worldmediafestival.org/en/festival_information/winners

スポンサーサイト

風の端スペイン初演

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

Ricardo Descalzo_kazenoha

もう一週間前の話になりますが、私の「風の端」~ピアノのための~がスペイン初演されました。

ピアニストはRicardo Descalzoさん。

これは私の曲の中でもかなり日本的なものなのですが、才能と体力に恵まれたスペイン男子が果たしてどのような解釈で演奏してくれたのか、非常に興味深いものがあります。youtubeとかに上げてくれないだろうか・・・

どちらにしてもスペイン人のピアニストがスペインの聴衆の前でスペインの現代音楽の真ん中で私の曲を弾いてくれるって、とってもわくわくしますね。

「彼方へ」ロンドン初演

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

afar

私の作品がロンドンで演奏されます!

ロンドンを拠点に活躍されているピアニスト、Reiko Fujisawaさんによる新しいシリーズの一回目、アレグリ弦楽四重奏団のメンバーとの室内楽コンサートです。

曲目はブラームス:ヴァイオリンソナタ第二番とチャイコフスキー:ピアノトリオ「偉大な芸術家の思い出に」、そして名曲に挟まれて、私の「彼方へ Afar」~ピアノのための~。

Fujisawaさんは、私の「風の端」を、伝統あるウィグモアホールでロンドン初演して下さった方でもあります。実はこの情報、彼女のホームページを見ていて偶然発見したもの。幸いまだ終わっていなかったので、大急ぎで転載させて頂きました。

こういう時って「作曲家でよかった~」という、何とも得した気分になります。3月のこの演奏会はもちろん、2月のニューヨークも、4月のスペインも、私は行けません。その間私は高槻の仕事場でモグラのような生活をしているわけです。それでも、行ったことのない場所で、どのように演奏されるのか、想像するだけで心が豊かになってきます。心の中だけでも世界中を飛び回れるわけですから、私はそこそこ幸せ者なのでしょうね。

以下演奏会詳細

Reiko Fujisawa and Friends – Concert 1 with members of the Allegri
Programme Details:
Brahms – Violin sonata in A major op.100
Yoichi Togawa – “Afar” for solo piano
Tchaikovsky – Piano Trio in A minor “In memory of a Great Artist” op.50

Performers:
Reiko Fujisawa (piano)
Ofer Falk (violin)
Vanessa Lucas-Smith (cello)

Date: 16 March 2013, 7.30pm
Venue: St Michael’s Church, South Grove, Highgate, London N6 6BJ
Online booking: http://www.ticketsource.co.uk/reikofujisawa/
Web: http://www.reikofujisawa.com/reiko-fujisawa-and-friends-next-concert/
Tickets: £12 – £18
Organiser: Mainland Productions Ltd

http://www.theeast.org/?p=215521

映像「MATSUTANI」 in New York

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



私が音楽を担当させて頂いている"MATSUTANI"シリーズ、ニューヨークでの上映会情報です。

映像「MATSUTANI」上映イベント in New York

日時:2013年2月12日(火)18:15~
会場:Galerie Richard
   514 West 24th Street, New York, NY 10011
   T: 212-510-8181
   http://www.galerierichard.com/en_artist.php?code=Matsutani
内容:映像「MATSUTANI 1」(15分)上映
   映像「MATSUTANI 2」(11分)上映
   *松谷武判氏も参加されます。
   *参考:松谷武判 個展情報
    前期 2013.2/7-3/16
    後期 2013.3/21-4/20
    会場 Galerie Richard
       
上映会の問い合わせ:プロデューサー奥村恵美子まで
          cho@ceres.dti.ne.jp


Screening Event of "MATSUTANI 1, 2" in New York

Date: 18:15, 12th February, 2013
Place: Galerie Richard
    514 West 24th Street, New York, NY 10011
    T: 212-510-8181
    http://www.galerierichard.com/en_artist.php?code=Matsutani

DVD screening:
MATSUTANI 1 (15min)
Contemporary artist Takesada Matsutani is active on the Paris art scene.
In this documentary Matsutani’s artistic perspective is captured from a
unique Japanese perspective by RaRa Project’s award-winning video
production team of Jiro Fujiwara and Emiko Okumura. Their cameras record
him working at his studio in Paris, solo exhibitions in Tokyo and
Takamatsu, and his work at the Otani Memorial Art Museum, Nishinomiya
City, Japan. Interspersed throughout are comments by the artist himself
exploring his creative impulse and the depths of the black world of
silence Matsutani brings to life.
(Special Award & intermedia-globe GOLD at WorldMediaFestival 2008,
Selection film at 27th International Festival of Films on Art)


MATSUTANI 2 (11min)
This video is the second in a documentary series about the Paris-based
contemporary artist Takesada Matsutani.
Featuring the artist’s performances at Art Forum JARFO in Kyoto and at a
convention of the Japan Federation of Architects & Building Engineers
Associations in Tokushima, Matsutani uses these occasions to speak about
the creative process and the inherent tensions as he approaches each new
work. You will find yourself caught up in his creative flow as he seeks
to create art in which both observer and creator can freely participate.

Staff
Direction / Cinematography / Editing: Jiro FUJIWARA
Production supervision & Direction: Emiko OKUMURA
Music: Yoichi TOGAWA
English subtitles: Gaipro Inc.

Planning of this event: Emiko OKUMURA (Creative House Okumura)
e-mail, cho@ceres.dti.ne.jp



年末年始

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

ピアノスコア

スペイン人のピアニスト、リカルド氏から、スペインで私のピアノ曲全曲(数曲?)演奏会をしてくれるという有難いお申し出があり、年末の大掃除を無期延期して、楽譜棚の地層から楽譜の発掘作業。出版譜は手元に在庫がほとんどなくて結局元譜を探し出し、改訂版やら初版やら色々出てきた曲はわずかな記憶を頼りに決定稿を判別、そんなこんなで二日がかりでも終わらず、大みそかに何とかまとめて郵便局へ走るも時すでに遅し。無情にも年内業務終了の張り紙が(>_<)

お陰さまで大掃除どころか仕事場はガレキの山状態で新年を迎えてしまいました(┬_┬)

私にとって唯一身近な楽器であるはずのピアノ、さぞかし曲も沢山あるのだろうと思っていたらたったの15曲。案外少ないものだ。ということで正月明けの本日ただいま、ようやく郵送完了。さあ、大掃除しよ。リカルドごめんね~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。