作曲三昧

作曲家十河陽一の日常、非日常日記。

スポンサーサイト

Posted by 十河陽一 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽高校での授業

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



スポンサーサイト

新螢~箏と尺八のための~

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



音楽高校での授業

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

IMG_4802.jpg

4月です。

高校教師一年目が完全終了。

こしらえた資料やらテキストやら試験やらで本箱がすし詰め状態。わずか4コマでも、40人のクラス授業は新作2~3曲に匹敵するくらいの時間と精神力が必要なのでした。
「音楽理論」は私にとっては空気のように身近なもの。いつも傍らにあって、常に私の創作を支えてくれている存在。同じように生徒たちには、これからの長い音楽生活の糧として「音楽理論」とぜひ友達になってもらいたい。今は無理でも数年後には・・・そう願いながらの一年間でした。

大学組織を離れ、作曲の現場で過ごしてきた20年。
意地もあって、その間教育機関とは一切関わってこなかった私。
音楽専門とはいえ生涯ありえない思っていた高校の教壇に立つことになろうとは、一年と少し前は想像もしていませんでした。
しかし思いがけずと言っては失礼な話になりますが、この学校で、40人の才能豊かな子供たちと共に勉強できた日々は、私にとって発見と喜びに満ちたものとなりました。

今まで学校のことは一度も書いておりません。
それは、書くべきことがなかったのではなく、多すぎて書けなかったというのが正直なところ。
予定人数の倍以上の子供たちが押しかけて、帰れとも言えずひいひい言いながらやった夏の補習や、残っている子供たちの質問に答えていたら30分以上超過してしまった試験前の7限目など、専任の先生に叱られそうなことも色々。

ペダルを踏み込んだ全開ピアノめがけて勢いよくトランペットをぶっぱなしたり、低音が魅力の男子生徒のホーミーの実演(ホーミーとは肉声で倍音を作るモンゴルの民族発声)があったのは倍音の授業。倍音が聞こえた時の大歓声はすごかった。

とにかく私の教師経験が絶望的に乏しいことは事実。
それを補うために思いついたことは全てやってきた。
習うより慣れろと開き直ってはじめた小試験は20回以上。
最初の頃は教科書を見たり私に聞いたり友達と相談したりでわいわいやっていたものが、秋頃から、それぞれが静かに問題と向き合うようになり、年明けの過去問試験では、チャイムが鳴っても誰ひとり立ち上がらないで終わるまで必死で答えを書いていることもしばしば。
私が何も言わなくても、15~16歳の若者達は、人間として、そしておそらく音楽家としても日々確実に成長しているのです。

授業とは業(わざ)を授ける、あるいは授かるもの。
教師は当然、教え導き、与え授ける立場。
しかし身をもってクラス授業の難しさを教えてくれたのはまぎれもなくこの子たち。
なによりこのクラスにいると、離陸前の飛行機のような強い推進力を感じる。
そして10年後、あるいは15年後に、この子たちが音楽家として社会で活躍するようになった時、油断すれば着陸どころか墜落してもおかしくない年頃の私も、まだまだ現役として同じ空を飛んでいたいものだと思わせてくれる。

これからは毎時間「ありがとうございました~」の挨拶を交わし合い、感謝の気持ちで授業を終えたいものです。

高槻市特別功労賞受賞しました。

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback

特別功労賞

文化の日は高槻市特別功労賞の授賞式でした。

この賞は芸術、スポーツ活動等において、その功績が顕著なものに贈られるということで、
過去ではフィギュアスケートの高橋選手やサッカーの遠藤選手なども受賞しています。

今回はジャズストリート実行委員会や、高槻まつり実行委員会等、
長い間高槻のために尽力されてきた三つの団体と、
個人では私だけが表彰されたわけですが、
高槻のために何の役にも立ってこなかった私のようなものが
表彰して頂いて良いのだろうかという後ろめたさと、
今後は微力ながら地元の文化のためにも貢献していかなければという気持が交差しております。

どちらにしても衣食足りて、平和な国や地域であってこそ、
芸術家は存在が許容され、自由な表現が出来るのですから、
言いかえれば夢物語と言われようが何と言われようが、
理想を語り、平和を願うことが我々の唯一の生きる道なのだという思いを新たにして、
これからも精進してまいります。

ちなみに賞状の右端に移っているのは、おまけで頂いた「はにたん」キーホルダーです。

高槻市長さんを表敬訪問しました。

Posted by 十河陽一 on   0 comments   0 trackback



今回の受賞が高槻市のホームページの「街フォト」で紹介されました。

作曲家の十河陽一さん 国際的なコンテストで最高賞受賞

高槻市在住の作曲家・十河陽一さんが24日、濱田市長を表敬訪問し、ドイツで毎年開催される国際的コンクール「ワールドメディアフェスティバル」で全作品の中から最優秀オリジナル音楽に与えられる唯一の賞である「マジックウエーブ賞」を受賞したことを報告しました。
濱田市長は「これからも素晴らしい音楽を高槻から発信していってください」と期待を寄せました。

_10571_261501763988192_953272689_n.jpg

受賞詳細

「ワールドメディアフェスティバル」は、2000年から毎年、ドイツハンブルグで開催され、ドキュメンタリー、エンターテイメント、ニュースなどのテレビ番組のほか、アニメーション、広告、広報、ウェブデザイン等も含めた総合メディアコンテスト。今年は、32カ国から604作品のエントリーがあり、日本からはNHK制作のドキュメンタリーやMBS制作の「情熱大陸 二木あい」などの作品が参加している。
 受賞作品の「ある建築の情景~兵庫県 木の殿堂~」は、兵庫県の後援のもと、朝来市和田山町出身の映像作家、藤原次郎さんが制作したもの。世界的建築家安藤忠雄さん設計の「兵庫県 木の殿堂(香美町村岡区)」をテーマにした約20分間の映像で、ナレーションはなく、建物周辺の自然を含めてその風景が作品に仕上げられている。
音楽は、全て十河さんが、今回のために書き下ろしたオリジナル作品で、この音楽が評価され、今回の受賞となった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。